油絵 木の描き方7つの必見ステップ

油絵

油絵で木の描き方を知っておくことは風景画を描く上での必須事項ですよね。

油絵で木ってどんな風に描いていけば良いのでしょうか?

油絵初心者の方は結構悩まれるところではないでしょうか?

ここでは日本のいたるところで多く植えられている

ケヤキの木(樹木)を油絵で描くときの手順と描き方を

7つの必見ステップとしてまとめてみました。

 

あなたの作品をユーチューブ(ページ下)で紹介するオンライン絵画教室

油絵基礎マスターコースプラス

お好きな画材コース

お問合せや1か月間無料体験レッスンご希望の方はLINEお友達登録から

友だち追加

油絵で木の描き方その1 まず背景のイメージから

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

1まずは空と地面のイメージを作っておく

風景画の中に木を入れるときは必ずその

背景となる風景があります。

油絵は後ろから描いていくのが基本ですから、

まずその風景(光景)が描いてあることが

基本となります。

 

ここでは木の描き方を練習していきますが

まず背景のイメージを作っておきましょう。

 

乾きの速いアクリルのブルー系で下塗りをしていた

キャンバスに地面のイメージを加えておきます。

勿論油絵具で初めからブルー系とイエローオーカー系で

背景のイメージを作っておいても良いです。

 

いずれにしてもそれが完璧に乾いてから描き始めてください。

 

油絵で木の描き方その2 紙にデッサンをしてトレーシングするのもあり

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

まず木を描いてから背景を描いていくというやり方も

勿論ありますし、何が正解ということはありません。

ただ「描くのは前から、塗るのは後ろから」という

油絵の決まり事のようなものもあり、

油絵に限らずそのほうが結局

成功しやすいというのがあります。

 

特に空や背景は途切れていてはいけないのです。

「続いている」ことが当たり前ですので

うまく続いているように描く自信がない場合は

トレーシングという方法をとってみます。

 

油絵に限らず木を描くときは背景の空や風景が

ところどころ透けて見えるように描くのが望ましいです。

 

なので一度にどっと緑色を塗ってしまうことなく

隙間が見えるように下描きしておくほうが

間違いない描き方と思います。

 

木のかたちをキャンバス上に確定して描きだします。

1 木の描き方を練習するにあたってまず紙にデッサンしてみる

2 デッサンしたものをキャンバスにトレーシングする

デッサンした紙を裏返しにして絵を描いたところを

6Bくらいの鉛筆で塗っていきます。

(鉛筆でなくパステルやチョークでやることも可能です。)

カーボン用紙のようにしていきます。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

紙を表にして地平線の部分を合わせます、マスキングテープで固定します。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

デッサンした部分を赤のボールペンで写し取っていきます。

時どき裏返してちゃんと映っているか、

描き残しは無いか?ということを

確かめながらかいていきます。

 

キャンバスは少しぶかぶかするので下に新聞紙などを詰め込んでおくのも良いかもしれません。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

はっきり見えないかもしれませんがトレーシングできてます。

背景の空を見せたい描き方をするときにはやはり

トレーシングが効果的かもしれません。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

油絵で木の描き方その3 メインの木の配置は真ん中より少しずれたところに

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

これは「黄金分割」といっておおよそ8対5くらいの

割合のところにメインのモチーフ持ってくるという描き方です。

縦でも横でも、、です。

 

これが一番安定して見える割合で古代ギリシャ

ローマの頃から使われていた方法です。

絵の描き方に限らず彫刻でもミロのヴィーナスの

おへそから下と上はこの割合になっていると言われています。

油絵で木(樹木)の描き方その4 まず葉の部分を大きな塊で捉える

枝よりもまず葉の部分を大きな塊で捉えて

それを3段階のトーンで描き分けるという

意識でやっていきます。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

使う色はホワイト、パーマネントイエローライト、

イエローオーカー、パーマネントグリーンペール、

ビリジアンヒュー、コバルトブルーヒュー、

アイボリーブラック、バーントシェンナー、

バーントアンバーです。

 

1 まず中間のトーンから塗っていきます。

パーマネントグリーンペールにイエローオーカーを

少し混ぜて草色っぽい色を作ります。

 

葉っぱの描き方で大事なことは葉っぱの色に

いきなり生のビリジアンを使わないということです。

不自然で子どもの絵のようになります。

 

ビリジアンを使う場合は茶系またはオークル系の

色を混ぜて少し地味な色味にします。

サップグリーンやテールベルトを使うのも

良いかもしれません。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

2 次に葉っぱの塊の明るいトーンの部分を塗っていきます。

さっき使った中間の色にホワイトを少し混ぜて明るくします。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

3 次に葉っぱの塊の暗いトーンの部分を塗っていきます。

ビリジアンヒューにイエローオーカーを少し混ぜます。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

 

あなたの作品をユーチューブ(ページ下)で紹介するオンライン絵画教室

油絵基礎マスターコースプラス

お好きな画材コース

お問合せや1か月間無料体験レッスンご希望の方はLINEお友達登録から

友だち追加

 

油絵で木の描き方その5 葉っぱの塊のハイライトの部分と最も暗いところを描く

1 物(木)を3段階に分けて塗るという描き方をした後は

葉っぱの塊に最も光のあたっている

ハイライトの部分と最も暗い部分を描いていきます。

 

トーンが2段階増えるということになります。

 

ハイライトの部分は

明るい部分に使った色に更にホワイトと

パーマネントイエローライトを加え

太陽の光を感じさせるようにします。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

2 次に一番暗い部分にコバルトブルーを入れていきます。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

3 ハイライトの部分にさらにハイライトを加えてみます。

ハイライトの色に更にホワイトを加える感じで

盛り上げるように乗せていきます。

 

これは「インパスト」技法といって

光の反射する部分をめだたせる描き方です。

色のトーンの多いところほど前に出てみえます。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

油絵で海を描く~初心者の為の波の描き方6つのステップ~

 

油絵で木描き方その6 木の幹や枝の描き方とポイント

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

1 木の幹や枝の描き方

葉の部分ができたら木の幹や枝の部分を

描いていきますが色に注意しましょう。

 

木の幹は茶色と思っていきなりアンバー系をどっと

塗ることなくまずグレー系で描いてみます。

 

2 バーントアンバーで木の暗い部分や枝を描いていく

当然のことですが木の幹は上にいくほどやや細く

枝は先のほうが細くなっていきます。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

 

油絵で木の描き方その7 近景、中景、遠景の前後感をだす

1 すぐ後ろの木を描いてみる

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

2 その後ろの木も描く

もうあまり詳しく描きこむ必要はありません。

さりげなく描いていきます。

さりげなく描くことと「手を抜く」ことは違います。

トーンの幅(数)が少なくなるということです。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

3 遠景の木も描いていく

色の変化を小さくしていきます。

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

4全体のバランスを考えて出来上がり

油絵 木の描き方7つの必見ステップ

木の影を描くとより存在感がでると思います。

実際の制作の際にはぜひやってみてください。

 

まとめ

ここでは油絵での木(樹木)の描き方や

順番や注意点を書いてきました。

油絵(油彩画)に限らず絵画全般に言えることですが

 

■まず大きな塊で捉えて3段階のトーンに描き分ける

■それをさらに細分化して描いていく

■手前にある(物)木は大きく詳しく描きこむ。

 

風景画のなかに木を描く場合は葉っぱ

1枚1枚描く必要のない場合が多い。

 

近景、中景、遠景となるに従って

さりげなく描いていく。

→トーンの変化が少なくなっていく

 

油絵に限らず人間の目は詳しく

描かれたほうに向きます。

 

■木や枝の色は「茶色」と決めつけることなく

グレー系のことも多い。

 

油絵を描く時は実際の木や枝を

よく見て観察してみましょう。

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

あなたの作品をユーチューブで紹介するオンライン絵画教室

油絵基礎マスターコースプラス

お好きな画材コース

お問合せや1か月間無料体験レッスンご希望の方はLINEお友達登録から

友だち追加

コメント